2014年6月22日日曜日

さよなら、バークレー

ついに夫が卒業し、日本へ帰国することとなった。帰国日の6日前に夫が修士論文を提出し、船便の梱包と掃除を急いで進め、帰国日の1日前に卒業式、翌日にはバークレーを発つと言うタイトスケジュールで、最後までドタバタしながら飛行機に乗って、そういえば日本へのお土産を何一つ買っていなかったことに気づいてがっかりしたのが実は1ヶ月前。

2年前、正確に言うなら1年9ヶ月前に成田を発ったときは、初めての海外生活に戦々恐々としていた。バークレーに到着したばかりの頃はカフェで店員さんにトイレの鍵を借りるのにもドキドキしながらだったし(やっとの思いで借りたら鍵には「Men」と書いてあったけど)、アイスクリーム屋さんで全財産が入った財布を置き忘れたりしたし(親切な方がすぐに届けてくれたけど)、その他にも波乱はいろいろあったけど、今思い返してみると、とても楽しくて幸せな日々だったように思う。

いろんな人種の人がいて、いろんな国の言語やいろんな国のアクセントの英語が飛び交って、そんななかで親切にしたりされたり、友達になったりできるという環境がとても好きだった。日本しか知らなかったときよりも、日本のことがよくわかるようになったし、他の国の人たちに対する理解も深まったと思う。本当に貴重な経験ができた。

なかば諦めていた子どもを授かり、子育てを始めたことも大きく自分を変えるきっかけになった。以前よりもさらに、よりナチュラルなものを求めるようになったし、よりリベラルに生きたいと思うようになった。何よりも、人生に対して前向きになった。真面目さとか我慢強さだけが自分のとりえだったけれど、今は自分も周囲も明るく楽しくなる方へと路線変更して、朗らかに生きていきたいと思っている。

バークレーでの生活を終えるにあたり、このブログの更新も今回で最後。思っていたより多くの方に読んでいただき、嬉しいフィードバックをいただいたりして、少しは役に立てたのかなと思うと達成感があります。これからは、家庭を守りながらも、また何か別の形で自分にできることを見つけていきたいと思っています。これまでお付き合いくださった読者さん、ありがとうございました。

さよなら、バークレー!さよなら、みなさん!どうかお元気で。

                                                   
                                                     (おわり)