2014年4月27日日曜日

シカゴと私

土曜の午前9時過ぎにリッチモンド(バークレーの隣町)を出発し、月曜の午後3時ころシカゴに到着。列車を降りた瞬間から寒い!まるで冷凍庫の中にいるかのように空気が冷たい。線路や道路のあちこちに雪が残っている。

規模が大きくて迷子になりそうなシカゴ駅を出て、まずはホテルへ。私たちが泊まったのはWyndham Grand Chicago Riverfront Hotel。ここは部屋の内装がきれいでとても良かった。荷物を置いて、さっそく街を散策開始!

しかし、久しぶりに都会に出てきた私には面食らうことばかり。歩行者は横断歩道の信号がまだ赤のうちに歩き出し、車は歩行中の人がいても横断歩道に突っ込んでくる。こんな寒い地域でホームレス生活をしている人たちは悲惨で、コートを着ている人は恵まれている方で、シーツをかぶって震え続けている人もいたし、寒さのあまり動けなくなっている人もいた。悲しいことに、私が見た限りではホームレスに施しをしている人は一人もいなかったし、ホームレスの中でも体力の残っている人は道行く人に声をかけるものの、ことごとく無視されていた。目が見えない人が他の歩行者にぶつかってしまっても、助けてあげる人はいなかった。「アメリカ=弱者にやさしい国」という自分の思い込みが崩れた瞬間だった。

バークレーやホノルルのホームレスにはどこか余裕が感じられる(ここでは、気候のために生命を脅かされることがない、という意味で)のに、シカゴのホームレスは本当に切実だった。とても見ていられなくて、シカゴに滞在していた2日間は自分たちが食べきれなかった食事をホームレスにあげる、と決めて実際に何人かのホームレスにあげた。

シカゴに着いた2日目は観光にあてることにした。夫の強い希望により、アウトサイダー・アート専門の美術館、Intuitへ。メインで展示されていたのはHenry Dargerの部屋だった。

次に足を運んだのはLincoln Park。ここにある公立の動物園がお目当てでやってきた。…ところが、行けども行けども動物がいない。目に入るのは「気候のため、本日は室内にいます」という看板ばかり。前日の夜に雪が降っており、地元民に言わせると「今日はめちゃくちゃ寒い!」ので仕方がないか。動物も人もいない寂しい動物園を歩いていると、植物園があったのでとりあえず温室に入ってみると、中にはたくさんの人がいるじゃないか!みんな暖を求めて来ていたのだ。



意を決して再び外に出て、懲りずに動物園をみてまわる。結局、屋外展示されていたのはライオンとカバだけで、あとの動物は室内展示だった。といっても半分くらいの動物は室内展示すらされていなくて、全く姿を見ることができなかった。ホッキョクグマも奥に引っ込んでしまう寒さ。







この旅はシカゴで何かするというよりも寝台列車に乗ることがメインだったので、シカゴで過ごしたのはたったの2日。翌日にはオヘア空港からVirgin Americaでサンフランシスコ空港へ帰る。

子連れのフライトは慣れたものよ、ベイビー用だと言えば飲み物は何でも機内に持ち込みできるもん、と思っていたら、水を入れていた哺乳瓶と離乳食を入れていたタッパーを没収される。「次から気をつけようね」的温情措置はなく、ホノルル空港で甘やかされた私は相当へこんだ。そうか、そうだよね、液体物は機内に持ち込んじゃダメって、常識だもんね…。

サンフランシスコ空港に着いて、BARTに乗っているあいだ咳き込んでいたら、のど飴をくれたおじさんがいた。BARTの改札口でベビーカーがつかえていたら、電話中だったにも関わらず手伝ってくれた男性がいた。この暖かさ!私の心の故郷はやっぱりバークレーだよ!