2013年9月30日月曜日

タイ人をおもてなし

夫のクラスメイトで、タイからの留学生であるターさんを夕食に招待した。英語がネイティブ並みに話せるターさんは、GSI(Graduate Student Instructorの略。英語で授業を受け持つアルバイト)をして学費を稼ぎながら学んでいる苦学生。夫から彼女はかなりの親日家だと聞いていたので、ぜひ一度会ってみたいと思っていたのだ。

お会いしてみたところ、ターさんは目がぱっちりとしていてとても可愛らしい。そしてまだ25歳とお若いのに、手土産に粉ミルクを選んでくれたという気配りはさすが。私が用意した料理はいたって普通のメニューで、切干大根の煮物にかぼちゃと小豆のはとこ煮、鮭のムニエル、わかめのお味噌汁。ターさんは切干大根を気に入ってくれたので、帰りがけに家にストックしてあった切干大根のパックを(彼女はアジア人らしい慎み深さで遠慮していたけれど)贈呈した。

ターさんによると、タイでは日本のテレビ番組が数年遅れで放送されているという。「NARUTO」についてはやはり、と思ったけれど、次に名前が挙がった「タケシ・キャッスル」に戸惑う。…タケシ・キャッスル?ターさんが説明してくれた。「石の上をジャンプしたりする…」ま、まさかそれは私が子どものころに放送されていた「風雲!たけし城」のこと?(注:後で調べてみたら、この番組はタイ以外の国でも放送されたりDVDが販売されたりしているらしく、熱烈なファンも多いようだった)

もうひとつターさんが好きな番組は「TVチャンピオン」。あの番組は今でも放送されているのかと問われたものの、長らくテレビから遠ざかっていた私たちは答えられず…。「プリンス・コバヤシが好きなの」と言うターさん。…プリンス・コバヤシ?と首をかしげていたら、ホットドッグの早食いで知られた小林尊さんのことだった。小林さんのルックスはタイ人女性のハートをつかんでいるのだとか!

高校時代に日本語を習ったというターさんは、日本語がなかなかお上手。食後のデザートにどら焼きを出したら、すかさず「ドラえもん」と言ってくれて、藤子・F・不二雄先生のファンである私たちはとても嬉しかった。

語学堪能で素晴らしい成績を収めているという彼女が、恋愛の話になったとたんに目を輝かせて楽しそうに語りだしたのを見て、どこの国でも女の子は女の子なんだなあと思った。