2013年2月19日火曜日

渡米準備にかかった費用


時期的にそろそろ、留学が決まって渡米準備を始める方々が増えてくると思うので、我が家では何にどれくらいの経費がかかったのかをまとめてみました。将来留学しようかなとお考え中の方も、ご参考までに。

<UC villageへの入居に関して>
・入居申請手数料 たしか50ドルくらい?
(注:この金額については記憶があやふや…。郵便局から国際為替で送金しなくてはいけなかったのと、小さな郵便局に行ったらそこでは国際為替なんて稀なケースだったらしくて局員さん達を困らせてしまったことは覚えているんだけど…。国際為替を申し込むにはパスポートと印鑑が必要だったはず。送金とは別に、手数料が2,000円くらいかかったこともうっすら覚えている)

・部屋が確保できたのち、手付金250ドル+1か月分の家賃(1527ドル)を再び国際為替にて送金
(家賃は間取りによって異なる。私たちはUC village内のWest区画にある2LDK+1bathroomという部屋に住んでいる。入居後の家賃の支払いは、授業料と同じようにバークレーの学生用のホームページからインターネット上での操作で支払うことができる。小切手を書いて送ったりする必要はないので楽)

※2013.5.4追記 先日UCバークレーから家賃値上げの通知が届いたので、うちの家賃は今年の7月1日から1550ドルになった。全戸について1.5パーセントの値上げらしい。

<19日分のホテル滞在費>  約1500ドル
(直前になって探し始めたため、いわゆるホテルには予約が取れず、1泊2人で80ドルくらいのモーテルを転々とすることに…。なぜこんなことになったのかはコチラからどうぞ)

<SEVIS手数料> たしか130ドルくらい?でクレジットカード払いのみ可だったはず。

<アメリカ大使館にてビザ申請手数料> 160ドル×2人分

<成田→サンフランシスコの片道航空券> 約20万円×2人分
(往復航空券の方がはるかに安く済むのだけど、往復航空券を買って復路の分を破棄するという裏技は通用しないらしい。現在は復路の利用について調査されているようで、利用しなかった場合には航空会社からペナルティが課される、とインターネットで学んだ)

<アメリカへの船便> 10万7500円
(クロネコヤマトの単身者パック、段ボール14箱コースを利用。日本から発送する時点で現地での住所が未定でも、到着先で1ヶ月間は荷物を預かってもらえるというサービスが、アメリカでの住所がなかなか判明しなかった私たちにはありがたかった)

<引越し代> 7万7千円
(渡米にあたって東京のアパートメントを引き払うため、夫の実家に家具や荷物を預けるための引越し。ハトマークを利用。仕事が速いし安いので、うちは何度もハトマークのお世話になっている。…と、しっかり書いたのでハトマークさん、帰国時にはひとつよろしくお願いします)


※保険加入について

夫はバークレーの学生のため、SHIPとよばれる学生保険に加入することになっている。これは、既に他の保険会社に入っているから、などといった理由で大学側に権利放棄(Waive)しない限り自動的に適用され、授業料にも保険料が含まれる仕組みになっている。

妻は現地に着いてから個人的に民間の保険会社に加入するつもりで、何の準備もなく渡米してしまった。実はこれがまたいろいろと大変な道のりがあり、最近ようやく保険に入れた(つまり半年近く無保険でアメリカ暮らしというギャンブルな生活であった)。これについてはまたいずれ掲載予定。

だけど、ひょっとして私のような無謀なマネをする奥様が現れたらどうしよう…と責任を感じてしまうのであらかじめ公開しておくと、Fビザではアメリカの民間の保険会社に加入できない!という事実を私は体験した(^_^;)実は保険会社の方で、SSN(Social Security Number)を持っていることを加入にあたっての必須条件としているため、SSNがない人は門前払いされてしまうのだ。
F-1(留学生ビザ)もF-2(留学生の同行家族ビザ)も、アメリカで基本的には就労できないので、「就労できない→アメリカに税金を納められない→SSNの発行を受けられない」→つまり保険会社に入れないということらしい。し、知らなかった!

たいていの方は、ご主人が留学先の学生保険に入り、奥さんとお子さんは日本を発つ前に海外赴任者用の保険に加入してくるものらしい(三井海上、JALなど)。うちは変わり種なもので、これについては経験がないので何も書けず…。