2012年12月31日月曜日

カーシェアリング

渡米前から夫婦で決めていたことのひとつに、マイカーは買わずにカーシェアリングを利用する、ということがあった。夫婦二人での生活にはそこまで車は必要ないのではないか、住まいから徒歩圏内に何軒かスーパーマーケットもあることだし、と。

UCバークレーの周辺ではZip Carというカーシェア会社の車をよく見かけたので、私たちもあの車に乗るのね、と思っていたらUC villageではCity Car ShareというNPOと契約を結んでいることがわかり、そちらを利用することに。UC villageでは敷地内に2台の車が用意されている。車種はトヨタのプリウスと、サイオンのXBという車。


申し込みはホームページから。いつものように(?)夫の代わりに私が手続きをする。申し込み画面で「大学生」であるというボタンをクリックすることがコツ。そうすると学割がきく!(通常なら年会費50ドルと月会費10ドルがかかり、あとは利用時間に応じて料金が加算されるところが、学生だと月会費が無料になるうえ、最初の2時間は無料になるサービスが受けられる)あとは、やはりいつものように個人情報を入力して送信。
すぐに登録したメールアドレスに返信がくる。「受付完了したので、下記のURLをクリックしてね」と書いてあるのでクリックすると、いきなり乗車にあたってのガイダンスが始まってしまった。あれ?これって私が見ても意味ないんじゃ…と思いながら、予約の仕方や車のロック解除の方法、電子キーの使い方、Gas Card(ガソリンの補充は利用者が行うが、ガソリン代についてはCity Car Shareが負担する仕組みで、その際に使うクレジットカードのこと)についての説明などを学んでいく。ところどころ、小テストまであるのでまじめにやらないといけない。こうして10分後、私はいつでもCity Car Shareを利用できるだけの知識を手に入れた。免許ないけど。
その後、再びメールが送られてきて、必要な書類の提出を求められた。必要なのは、カリフォルニア州の運転免許証のコピー(なければ自国の運転免許証のコピーと国際運転免許証のコピーの2つ)と学生番号が確認できるもの。夫はカリフォルニア州の運転免許を持っていなかったので、日本の運転免許証と国際運転免許証、それから学生証を写真に撮ったものを添付してメールで送り、正式に申し込み完了。日本から持ってきた英文の無事故・無違反証明書は出番なし…。
後日、電子キーが郵送で(普通郵便で送るのって、無防備すぎない?!)届き、予約用のIDももらえたので、さあこれでいつでもドライブできる♪…というのが数ヶ月前の話だった。その後夫は学業が忙しく、車の運転にまで手がまわらないというのが現状だった。12月半ば、冬休みに入りようやく夫が運転に取り組んでくれることになったので、これからは少し遠くまでおでかけできるかな、と楽しみにしている他力本願な妻。(だってみんながChaiは鈍くさいから運転はやめろって言うから!)

プリウスを密かに愛車にしようと企んでいる