2012年10月12日金曜日

サンフランシスコでお買い物


先日サンフランシスコに行ってみた。と言っても今回は買い足したいものがあったので買い物メイン、海沿いのいかにも観光地らしいエリアには行かなかった。

最寄りのバス停でAC Transitバスに乗り、地下鉄BARTに乗りかえる。この電車に乗るのはアメリカにやってきたとき以来。サンフランシスコ空港からBARTを見たときはデザインからして貨物列車だと思っていて、そのすぐあとにまさか自分がこの電車に乗ることになるなんて思いもしなかった(^_^思わず「これ、人が乗るんだ?!」と言ってしまったのを覚えている。

さて、買い物の話を。夫の思いつきでPowellという駅からジャパンタウン(紀伊國屋書店やダイソーなどがある日本街)に向かって歩くことになって、その区間はバスも通っているというのに40分くらいかけててくてく歩いた。O'ffarel通りをたどっていったけど、ここって本当に観光地?と思うほど道路が汚くて、鼻をふさぎたくなるようなひどい悪臭が漂い、ガラの悪そうなホームレスがうようよしていた。信号待ちで立ち止まるたびに、ホームレスが物色するような目で私たちを眺めるので気が気ではなかった。「まだ?まだ?」何度も地図を見ながら早くジャパンタウンに着いてほしいと焦った。

やっとVan Ness通り(ジャパンタウンの近く)にぶつかると、がらりと様子が変わって治安がいいエリアに入ったことが一目でわかり、ほっとした。帰ってから「地球の歩き方」を読むと、O'ffarel通り(私たちが歩いたTenderloinというエリアは特に)はサンフランシスコで最も治安が悪い、と書かれていてやっぱり!と納得。午前10時にしてあの雰囲気を放つというのはただならぬ感じ。それにしても無知って怖い。

数日後、サンフランシスコが全米で汚い街11位に格付けされたことを新聞で知ったけど、これには異議なし!参考までにいうと1位はニューヨークということだった。

紀伊國屋書店では1階に漫画、2階にそれ以外の書籍や雑誌などを置いていた。久しぶりに日本語の本に囲まれ、ついつい長居してしまう。タイミングよく、文庫本3冊で15パーセント引きキャンペーンというのをやっていたので迷いながら3冊選んだ。輸送料込みなので、確かに値段は高い。日本で売られている価格の1.5倍くらいか。

ジャパンタウンにはお土産屋さんが多かったので、ひととおり見てまわった。白人が多かったのは、やっぱりここも観光地のひとつだからだろうか?獅子脅しを探しているという女性やお香について店員さんに教えを乞うている夫婦など、オリエンタルなものに憧れている人々を見ると内心嬉しくなってしまう。お土産品は日本人からすると「うーん…どうも違うのよねぇ」と言いたくなってしまう代物ばかりだったけど。(ニンジャ・ブーツなんて名前の奇抜な長靴とか!)

ダイソーで念願のレモン搾り器(我が家はこちらに来てからすっかりレモネードにはまっている)を見つけ、夫は私が目を離したすきに、どういうわけかバドミントンセットと縄跳びをレジかごに入れてしまった。どうやら、学業のストレスでアメリカン・スナックに逃避し目下増量中の夫が、運動で健康を取り戻すつもりでいるらしい…。

そこからちょっと歩いて、フィルモアストリートというショッピングエリアへ。私の目当てのL'Occitaneに行く。乾燥にすっかり悩まされていたので、ホームページでチェックしておいたボディクリームを買う。ふと固形石鹸が目に入り、石鹸好きとして思わずこれも買ってしまう。

ちなみにフィルモアストリートでは、店先に犬のえさ箱に水を入れたものを置いているお店が多い。見ていると犬を連れてお散歩しながらふらりとカフェに立ち寄ったり洋服屋さんに入ったりするお客さんが多く、連れのワンちゃんは店先でお水を飲んで休憩したり一緒に店内をまわったりしている。お水を置いているお店は犬の同伴OKというサインらしい。犬連れにやさしい(ただし坂道は厳しい)ショッピングエリアというところかな。

それから、Powell駅前のWestfield San Francisco Centreに行った。ここはショッピングモールのような感じで日本でもおなじみのブランド店などが集まっている。夫のお目当てのBOSEのヘッドフォンを買い、ぶらぶらとモール内を歩いていたらL'Occitaneを見つけてがっかり!ああ、せっせと坂道を登っていったというのに…。

何軒か洋服屋さんをひやかして気づいたのは、日本では警備員がモール内を巡回するのに、このモールでは各店舗に専属の警備員がいる、ということ。そういえば普通のドラッグストアや1ドルショップのようなところでさえ警備員がいる。犯罪に対する意識がやっぱり違うのね!

今回は観光していないので、いつか機会があれば、ぜひフィッシャーマンズワーフなどに行ってみたい。